第8回世界盆栽大会inさいたま開催まであと 日!

第8回世界盆栽大会 in さいたま

日本の盆栽水石至宝展(Japan Bonsai) Suiseki Greatest Exhibition

■日本の盆栽・水石の粋を一堂に集めた、
世界最高峰の展示会

第8回世界盆栽大会inさいたまでは、多くの皆様に日本が誇る盆栽・水石の最高峰の作品をご覧いただくために、さいたまスーパーアリーナで「日本の盆栽水石至宝展」を開催します。

300席を超える盆栽、皐月、小品盆栽、水石の名品を展示するほか、主催者展示として、「皇居の盆栽展示(予定)」「盆栽の歴史と文化」「映像で見る『世界のBONSAI紀行』」、盆栽や関連グッズの売店エリアも併設します。また会場内ステージでは、盆栽作家によるデモンストレーションをはじめ、様々なステージイベントを実施する予定です。是非お越しください。

日時
:4月28日(金)~30日(日)
会場
:さいたまスーパーアリーナ

■各プレイガイド、コンビニエンスストア、大宮盆栽美術館、さいたま新都心観光案内所、浦和観光案内所にて前売券販売中!

■日本の盆栽水石至宝展 プログラム概要

[特別企画展示]
日本を代表する貴重盆栽や、大宮の貴重な盆栽などの名品の展示を行うと共に、映像やグラフィックを用いて盆栽の文化と歴史、世界に広がったBONSAIの魅力などを紹介します。
〇皇居の盆栽特別展示(予定)
江戸時代から明治、大正、昭和と400年余の歳月が形として生きている皇居の盆栽と盆器。雄々しく、しかも荘重な気品に満ちたその佇まい。皇居の盆栽の歴史と大道庭園をパネルで紹介するとともに、その貴重な名品盆栽、盆器の数々を展示します。
〇日本の名品盆栽水石展示
明治・大正・昭和の偉人、文豪などが愛した日本を代表する貴重盆栽や大宮盆栽をはじめ、伝統と威信を誇る日本の盆栽水石の粋を集め展示します。

真柏(しんぱく)・銘「飛龍」

太い幹が奔放に屈曲捻転を繰り返す幹の迫力が最大の見どころです。その迫力を強調するように、枝もバランスよく整えられています。幹の白く見える部分はすでに枯れており、樹の芯の部分が残ったもので舎利(シャリ)と呼ばれています。

ぶな・銘「臥龍」

日本の広い範囲に自生する落葉樹。秋田県白神山地の天然林は世界遺産に登録されています。この樹は、若木の頃から大切に管理されており、繊細にほぐれた枝先の美しさが見事です。

野梅(やばい)

ウメには様々な品種がありますが、野梅はもっとも原種に近いものとされています。古色蒼然とした幹ですが、枝一面に清楚な花を咲かせ端々しさも感じさせます。

一位(いちい)

昔、この材から笏(しゃく・束帯の時に右手に持つ細長い板)を作ったことから、官位の正一位にちなんで、この名があると言われています。豪快な幹の迫力は見る者を圧倒します。

真柏(しんぱく)

真柏としては大人しい樹形ですが、幹模様と枝の配置のバランスが良く、落ち着いた味わいがあります。鉢も良く似合っていて、お互いの魅力を高め合っています。

かえで

たくさんの素材を一つの鉢に植えて林の景観を描き出しています。この盆栽は寄せ植えにしてから60年以上は経過し、自然林を彷彿させる一体感が醸し出されています。

寒桜(かんざくら)

サクラは日本を代表する花木ですが、引き締まった姿の盆栽は意外と数少ないものです。この樹はほぐれた枝にまんべんなく花を咲かせ、サクラの魅力を遺憾なく発揮しています。

黒松(くろまつ)

誰もが「盆栽」という言葉から連想する、堂々とした姿に気品と風格が感じられます。万全の培養によって、黒松らしい雄々しさが強調され、大樹の姿がイメージされます。

五葉松(ごようまつ)・銘「親和」

五葉松は日本の広い範囲に自生しており、盆栽としても大変人気があります。この樹は自生地の厳しい環境を物語りつつも、長年の丹精によって美しい姿にまとめられています。

〇世界の盆栽紀行
現在、世界中で愛されているBONSAIの姿を映像や写真等を使用し紹介するコーナーです。
[子ども盆栽の展示]
盆栽の作製・育成を通して、世界に誇る伝統文化の「盆栽」に興味を持ち、理解を深める授業を行っている、さいたま市内11 の小学校、約1,000 名が作製している盆栽を一堂に展示します。
[売店]
盆栽、植木、草花、書籍、道具などの盆栽関連品、地域ブランドや伝統工芸品の展示販売を行います。
[ステージイベント]
日本のトップクラスの盆栽師や、世界8 地域より招聘する盆栽師を講師としたデモンストレーションや地域交流ステージなど様々なプログラムを実施します。

第8回世界盆栽大会inさいたま
2017.4.27(Thu)~4.30(Sun)

@さいたまスーパーアリーナ、他

~記念開催~日本の盆栽水石至宝展
2017.4.28(Fri)~4.30(Sun)

@さいたまスーパーアリーナ

    協賛(Sponsor)

さいたま市(開催地)情報

ページトップへ戻るボタン